アクセス解析
Show Technology 1 シミュレーション
FC2ブログ
Show Technology 1
旧 演出照明/映像制御 / MileruntechBlog 2008~2011まで
ビジュアルデザインのためのシミュレーション
d3.png

http://d3.uva.co.uk/
 今回、PLASAでも展示されて話題となったUVAのD3. 
ユナイテッドビジュアルアーティストと言えば、ほぼアートインスタレーションの集団的な印象しかなく、こういう製品を作るとは想像がつかなかったが、彼らがMassive Attackの照明デザインなんかをやりだしたあたりで、何か変化を感じたのは事実で。アーティストがコンサート照明手がけるんだ。という驚きもあった。

さて、そんなUVAが自分の仕事で使ってきたソフトを1つの製品として販売するというのだ。これは驚きである。
さて、そのソフトだが、すでに多くのシミュレーションソフトになじんだ照明さんの目には、別に普通にうつるだろうこのリアルタイムレンダリングのしかもフォトリアリスティックな映像も、今となっては平凡かもしれないが、このD3はタイムラインを持ち、ここから直接、MIDIコマンドやDMXを出力することが可能で、シーケンスとビジュアライザーが一体化したようなソフトであるというのが照明のビジュアライザ-との違いだ。

簡単に言うとショーコントローラーとビジュアライザーと映像のマッピング機能を統合したプレゼン資料作成ツールのようなソフトで、映像コンテンツの自由な形状でのマッピングが大きな特徴かもしれない。もちろん外部の映像を中に描画することもできるので、カメラ映像の描画などもできるだろう。そして、これによりビデオと機構、そして照明を含めた全体のシミュレーション映像が表現できるということになる。

しかも、完成したらインターフェースに各機器を接続するだけで、すでにショーを実行することもできるわけで、これ自体がすでにショーコントローラーというのはとてもおもしろいと思う。

意外なのは、このソフトに注目するのが照明さんよりも映像さんの中に多い事で、PLASAで展示があったにも関わらず、照明業界ではスルーされてる感じである。まあ、そこはタイムラインなんて、という照明さんのものの見方もあるかもしれないが、大事な事は、これに興味を持つ人は、これをデザインツールとして美術デザインとビジュアルデザインを意識したプレゼンのための活用を考えていることだろう。

どうしても照明業界ではムービングライトのための省力化ツール的なのがビジュアライザーの位置づけで、そこではプレゼンまで意識しているわけでないし、またこれをパース図の代わりにして、シミュレーション内でセットデザインと照明デザインの同時進行でのデザイン制作という現場もないだろう。しかしおそらく、これは1つのマイルストーンで、何かが変わりはじめる兆候の1つではないかと思うのです。シミュレーションソフトは照明だけが使うツールじゃなくなるかもしれない。





スポンサーサイト



CapturePolar forMAC


先月のETCセミナーで使用されたシミュレーションソフトは、スウェーデンのCaptureというソフトですが、このCaptureの最新ソフトPolarがMACOSに対応しました。
これにより、ステージ業界としては、初のMACOSとWindows両プラットフォームで動作するシミュレーションソフトの誕生ということになります。

このソフトのすばらしい点は、ETC社のNET3、いわゆるACNにネイティブ対応するほか、アートネットなどの各種フリーのネットワークプロトコルにも対応しており、Cat5/6、1本でコンソールと接続できる点と、また動作が軽快でありながら、その描画の出来は、映像を見ればわかるとおり、影の表現など、かなりリアリティーにあふれている点です。値段も安く、各種のコンソールを使う技量のある人なら、これはお買い得になるソフトウェアです。






照明演出のシミュレーション
IMG_0047.jpg


照明デザインと聞くと、一般的には建築物の照明や内装などインテリアとしての照明をイメージされます
舞台演出というと、ある特定の特殊な世界観があって、どうしても一般に認識されることは少ないですし、まして、そこから派生したイベントなどの演出照明や、一時期、流行ったアーキテイメントなどで言われる電飾やライトアップ等の照明になると、舞台とも異なるし、著名な建築照明分野の哲学的な照明デザインとも異なり、どんな世界なのか?イメージするのは難しいでしょう。
簡単に言うと、舞台やコンサートステージなどで使っている同種の機材を利用して、静止した照明ではなく、変化する照明を作る仕事というところでしょうか?

舞台産業の世界は、その分野の中で生きる人同士のつながりで仕事が発生し、完結するため、照明演出をプレゼンするというようなシチュエーションは、ほとんどなく、建築照明のように大量のCGを使って、デザインコンペで仕事をとるというようなことはありません。しかし、現代は非常に複雑なショー演出が多く、しかも変化を続ける照明というのは言葉では伝わらないし、絵コンテを作るのも大変です。そういう場合に、照明シミュレーションというソフトが活躍するのですが、これは今ではコンピューターのパフォーマンスが飛躍的に上がったこともあり、非常にきれいな映像を作り出してくれます。

残念ながら、舞台ではムービングライトという動く照明機材のプリプログラム用に使用されることが多いのですが、今ではその能力は非常に高く、なにより、手軽にVenue(イベント会場) の環境などを作り出し、数多くの照明機材の正確な照射イメージを再現してくれるツールです。
演出用の照明機材を使用するような場合は、100%このシミュレーションソフトが簡単できれいなCG動画を作り出すとおもいます。
今では、光の筋もリアルな上に、照射された先の物体にも影がでて、且つ空中で光が重なった場合の色の表現までがリアルにできます。ほんの数年前には、できなかったことが、次々と可能になる様子を見ていると、いかにコンピューターの進化が早いかを実感します。



copyright © 2020 Show Technology 1 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.