アクセス解析
Show Technology 1 MIDIの汎用性
FC2ブログ
Show Technology 1
旧 演出照明/映像制御 / MileruntechBlog 2008~2011まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIDIの汎用性
livid P1000014

 本日1月5日からマイルランテックは仕事はじめになりました。みなさん今年もよろしくお願いします。
さて新年最初の記事は、MIDIについてです。

昨年、自社製品の宣伝は避けると言いながら、弊社取り扱い品に関する話になってしまいますが、安価な製品なので、販売が主目的でなく、さまざまなシーンで活用できるかな?という提案です。おんなじだと言われればそうなんですが。。

 昔からコンピューターとMIDIの相性は非常にいいです。MIDIは古いプロトコルかもしれないけれど、すでに数多くのソフトウェアがMIDIプロトコルで制御でき、安価に各種のインターフェースが手に入るため、その汎用性が魅力です。音楽関連のソフトの多くはMIDIによる制御が可能だし、オーディオサーバー等の機器、そしてDMXレコーダーや照明コントローラーも同様にでです。ただMIDIノート、コントロールチェンジ等、従来の音を扱うためにあるMIDI本来のコマンドに対応していることと、エクスクルーシブメッセージとなる拡張コマンドの部類(ミディーショーコントロール)は区別しなければならないと思います。

ここで紹介するのは、Lividのミディー製品。昨年、弊社で取り扱いを決定した商品です。USBケーブル1本でMACともWindowsともつながり、ドライバーも必要なくUSB経由でMIDIコマンドをコンピューターに送ることができます。この電源ケーブルいらずのUSBのみというのがすごく素敵です。そしてまた、普通のMIDI端子も備えているので、USBケーブルでPCから電源をとりつつ、他の異なる機器にMIDIコマンドを送ることができます。MIDIコマンドはMAC、Windowsそれぞれにフリーのエディターソフトがあり、自由にプログラムすることができます。これも素敵だと思います。

 写真のOHM64という製品はVJやDJ系のソフトウェア向けのデザインですが、(用途もその手のものが中心でしょう)スイッチパネルのみのBlockやダイヤル中心に構成されたCodeなどの別機種があります。これらを使うと例えば、Catalystのプリセット制御を簡単な設定でトリガーすることができたり、またArkaosなどのMIDI対応VJソフトを外部から制御できたりします。これはソフトウェアのコンソール的使い方です。ちなみにカタリストも8本までのFaderならベリンガーと同じ設定で使う事ができます。手軽で何かいろいろなシーンに使えるコンソールになるのではないでしょうか? きっとMIDIですから他にもユニークな使い方が見つかるかもしれません。何か思いついたらまたご報告しようかと思います。





コメント
コメント
OHM64について
こちらの製品を日本国内で取り扱っている店舗はございましたでしょうか?

また、LIVIDのホームページから購入した際、日本へ送ってもらえるんでしょうかね、その際のお値段など気になって気になって夜も眠れないですよ。
2011/03/01 (火) 10:36:13 | URL | 通りすがり #/aky1MRQ[ 編集 ]
Re: OHM64について
> こちらの製品を日本国内で取り扱っている店舗はございましたでしょうか?
Livid製品に関しては、取り扱い店はないと思います。弊社も法人向けに販売しているのみです。
>
> また、LIVIDのホームページから購入した際、日本へ送ってもらえるんでしょうかね、その際のお値段など気になって気になって夜も眠れないですよ。

もちろん送ってもらえます。値段はWebページあるとおりです。オンラインで購入可能です
2011/03/01 (火) 10:56:16 | URL | CatalystPM #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Show Technology 1 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。