アクセス解析
Show Technology 1 リレースイッチ
FC2ブログ
Show Technology 1
旧 演出照明/映像制御 / MileruntechBlog 2008~2011まで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リレースイッチ
medialonioIMG.jpg

 今日はほぼ1日、MedialonのショーコントローラーでI/Oの動作確認用ツールを作る為の実験を繰り返してました。
昨日、頭の中に描いた図面を基に(ちゃんと書けよと言われそうです)あれこれと秋葉原ショッピングを楽しんだ私ですが、今日はそれらを組み合わせ、弊社の井上に指示、ええ~図面もなしに??と反論されますが、手書きで対応です。

 Medialonのオプティカルアイソレートされたインプットは、単にDC電圧を加えるだけで、内部的には「1」 つまりはオンと認識するので、それを基にタスクの制御を行います。また出力は無電圧のA接点で、交流または直流の電源をオンにします。いわゆるドライスイッチですね。これを使うと、マグネットのスイッチとかSSRの制御ができるわけで、本来、日本の器用な先人たちが、いくつもリレーとかスイッチとかを使って制御盤を作っていたのをもっとソフィスティケート(sophisticate)されたクールな制御ができるのです。ちょっと大げさですか。

Medialonのショーコントローラーは、1Uのボディーにいくつもの機能を搭載し、すべてイーサネット上の離れたPCからリモート制御が可能で、とても現代的な制御の世界が広がる感じがします。トータルに制御されたショーがいかに完璧な演出を可能とするかは、海外のいくつものショーで見る事ができます。手作りの器用な職人的制御も素敵ですが、時代はやはりオンイーサネットの時代であり、私の考えるほぼすべての制御信号はイーサネットに乗ってくるという考えに近づいています。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Show Technology 1 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。